1. TOP
  2. 音楽
  3. drum
  4. ドラムを始めるには ~写真つきで分かりやすい解説・超初心者用~

ドラムを始めるには ~写真つきで分かりやすい解説・超初心者用~

drum ドラム 音楽
この記事は約 15 分で読めます。 191 Views

武術家ドラマーの星矢です。

ドラムを叩きたい!けど最初なにをしたらいいのかわからない!

初めては何でもそうですが、事前に何したらいいのかわからないですよね~・・・

そういう方、答えます!

では何をしたらいいのかを質問形式で見ていきましょう。

 

「まずは何をしたらいいの?」

ドラム始めたいんだけど、まずは何をしたらいいの?

まずはスティックを買いに行きましょう!
星矢
星矢

 

ドラムを叩くにはスティック(バチ)が必要です。

スティックに使われている木材には種類がざっくり3種類あり、

 

 

オールラウンドなのが‘‘ヒッコリー

硬い音を出したいときの‘‘オーク

柔らかい音を出したいときの‘‘メイプル

 

 

 

細かい説明は実際に叩いてみてからでないとわからないので、

とにかくドラムを叩きたいっていう方は好きなドラマーのモデルのスティックなどもあるのでそれを選びましょう。

モデルのスティックがない場合などは、オールラウンドな‘‘ヒッコリー”を選びましょう。

 

太鼓のバチとは違いスティックには‘‘チップ”‘‘ショルダー”と呼ばれるところがあります。

 

 

この‘‘チップ”の形状も種類があり、ざっくりと4種類で見たらすぐわかります。

 

 

オールラウンドなのが‘‘丸型

ロック向きなのが‘‘樽型

ポップス向きなのが‘‘卵型

ジャズ向きなのが‘‘三角型

 

好きなドラマーのモデルがない場合は、オールラウンドな‘‘丸型”にしましょう。

 

あとは重さ、太さ、長さなどがありますが、今はざっくり言います・・・

 

 

持ってみて、持ちやすい

振ってみて、重くない

叩いてみて、狙いやすい

これだけでいいです!(笑)

初めてやるのにごちゃごちゃ言ってもわからないですから!

でもすごく大事なことなので覚えておいてください。

 

 

 

あと、ピンクや黒などの色付きのスティックもあるので、

見た目がかわいい・かっこよくていいかもしれませんね。

しかし、打面に色移りするので

自分の機材を買うまではあまりオススメは出来ません。。。

 

後は値段なのですが、スティックは500~1800円程度で買えます。

もちろん安ければ安い程質は落ちますが、ご自分の好みなどがわかるまでは消耗品ですので安いやつでも大丈夫です。

叩いていれば絶対に折れます、木ですから(笑)

わからないうちはどんどん叩いて、色々な種類を試していってください。

そのうちご自分にあったものが見つかりますので。

 

「スティックだけでいいの?」

スティック買ったぞ!…ん?スティックだけでいいの?

はい、それだけでドラムを叩くことは可能です。
星矢
星矢

 

 

はい、それだけあれば叩く事は可能です。

ドラムを叩く事前準備に最低限必要なのがスティックだけなので

ある意味一番始めやすい楽器ではあるかもしれません(笑)

しかし少しでも上達したいって方は、

情熱が冷めていない今のうちに練習パッドも買っておいたほうがいいでしょう。

 

練習パッドとは?

画像

練習パッドとは名前の通り練習するときに叩くパッドです。

これにも種類があり

 

消音、コストともに優れている‘‘ラバータイプ”

消音性能抜群、リバウンドもドラムに近い‘‘メッシュタイプ”

一番ドラムを叩いた感触に近い‘‘プラスティックタイプ”

 

どれも叩いた事はありますが、始めたては一番安いラバータイプで十分です。

安いやつで十分なのでとにかく叩きまくることが重要です!

叩いている時間も重要ですが質ももちろん重要ですので

練習法などはまた別の記事で書きますのでそれを参考に。

 

 

「実際にドラムを叩くにはどうしたらいいの?」

さて、事前準備もできたところで
早速ドラムを叩いてみましょう!
星矢
星矢

 

え、ドラムセットないじゃん!どこで叩くの?

ドラムセットは大体の音楽スタジオに常設されています
のでスタジオの個人料金さえ払えば叩けるのです!
星矢
星矢

 

 

実際にドラムを叩く一番簡単な方法は

近くの音楽スタジオ(以下スタジオ)を借りることです!

スタジオを借りるには電話して予約を取るのが手っ取り早いですが、

近年ではネット予約もできるようなのでそのスタジオの利用方法を確認してください。

スタジオでは大体、個人練習・バンド練習があり利用方法も料金も変わってきます。

今回はドラムの個人練習での利用なので個人練習の場合で話していきます。

個人練習は大体のところが前日、当日予約になっているのですが例外もあるので確認してください。

 

スタジオ店員(以下Sさん)

お電話ありがとうございます、OOスタジオのSです
店員
店員

 

 

店員さんは自己紹介しかしないので(当たり前)ここで

 

今日(または明日)OO時からOO時間、個人練習で予約取りたいんですけど空いてますか?

 

空いていない場合は時間をかえるか、諦めるか、他のスタジオを探しましょう。

空いていた場合は

 

はい、空いております。個人練習はお一人様ですか?
店員
店員

 

 

えー言い忘れてました、個人練習は大体2名まで利用できます。

個人練習なのに・・理由はありますが、細かいことは気にせず次行きましょう。

2人までできるので1人が当たり前と思わずに

 

はい、一人です。

 

 

と答えてください。

 

レンタル機材などはございますか?
店員
店員

 

 

これも大体聞かれますが、ドラムセットは常設なので

 

ないです。

 

 

と答えてください。

この後会員番号など聞かれますが初めてなので初めてと伝えてください。

そうしますと

 

では、お名前フルネームと電話番号をお願いします。
店員
店員

 

 

と言われますのでご自分のお名前と電話番号を伝えてください。

 

では、O月O日O時からO時、個人練習1名様でおとり致します。
店員
店員

 

 

ここでしっかり確認してください、間違えてるとキャンセル料金を取られてしましますので・・・

電話での予約方法は以上です、これでドラムを叩けます!

 

「スタジオについたら何をしたらいいの?」

はい!遂にこの時がやってまいりました!

実際にドラムをたたきます!(ここまでスタジオが空いていたら1日のうちにできます。)

おードラムセットだ!どうすればいい??

 

まずは楽器の名前を覚えましょう!
星矢
星矢

 

 

 

1.スネア (ビートのアクセント役「タンッ」て音が鳴ります)

 

2.ハイタム (おかず役「トンッ」って音が鳴ります)

 

3.ロータム (ハイタムより低い「トンッ」って音が鳴ります)

 

4.フロアタム (さらに低い「ドンッ」って音が鳴ります)

 

5.バスドラム (ビートの基盤、心臓役「ドッ」って音が鳴ります)

 

6.ハイハット (ビートの刻み役「チッ・チー」って音が鳴ります)

 

7.シンバル16”(インチ)(音楽の変わり目・アクセント役「ジャーン」って音が鳴ります)

 

8.シンバル18”(インチ)(16”より低い「ジャーン」って音が鳴ります)

 

9.ライドシンバル (刻み・アクセント役「チンッ・カンッ」って音が鳴ります)

 

 

 

などがあります。

 

覚えたらセッティングをします。別記事参照

 

あとはドラムスローン(ドラム椅子)に座り、左足をハイハットペダル・右足をキックペダルの上に乗せます。

画像

そしたらいよいよ叩いてください!!とにかく音を出すことを楽しみましょう!!

 

 

まとめ

 

①スティックを買う!

 

好きなドラマーのモデルを買う!

ない場合はヒッコリー、丸型チップ、振りやすいやつ

値段は最初は安いので十分。

情熱が冷めないうちに練習パッドも!

ラバータイプの安いやつで◎

 

②スタジオを予約し、ブッ叩く!

 

予約方法は、

スタジオへ電話して予約日時の空きを確認

個人練習一名、レンタル機材はなし!と伝える

 

実際にスタジオに入ったら、

各楽器の名称確認、思うがまま気の済むまでブッ叩く!

 

 

 

体験レッスン、レッスンお申込みはこちらから!!

今まで誰も教えてこなかった格闘技の知識を使い、

最短で音量アップ・最速でドラムが上達するドラムメソッド

DI music school にてお待ちしております!!

 

\ SNSでシェアしよう! /

格闘家ドラマー星矢のドラム講座!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

格闘家ドラマー星矢のドラム講座!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

星矢

この人が書いた記事  記事一覧

  • 耳コピで自分のドラムレベルがわかる? ~これであなたも耳コピマスター!!~

  • 16ビート?なんじゃそりゃ! ~イラスト付きで練習もできる初心者用~

  • ドラムの基礎練習 初心者編② ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~

  • ドラムの基礎練習 初心者編① ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~

関連記事

  • 8ビート?なんじゃそりゃ!!  ~イラスト付きで練習もできる初心者用~

  • ドラムセッティングの仕方 ~写真付きで分かりやすい解説・超初心者用~

  • ドラム用語集 ~超初心者でもわかる解説付き~

  • 耳コピで自分のドラムレベルがわかる? ~これであなたも耳コピマスター!!~

  • ドラムのフォーム ~腕が疲れない!?芯のある音を楽に出す~

  • ドラムの基礎練習 初心者編① ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~