1. TOP
  2. 音楽
  3. drum
  4. 8ビート?なんじゃそりゃ!!  ~イラスト付きで練習もできる初心者用~

8ビート?なんじゃそりゃ!!  ~イラスト付きで練習もできる初心者用~

drum ドラム 音楽
この記事は約 4 分で読めます。 320 Views

どうも、武術家ドラマーの星矢です。

 

8(エイト)ビート、ドラムを始めたての方はよく聞きますよね?

始めたての方は何が8なのか、ビートとは何なのかわからないと思います。

ここではそんな悩みをしっかりと解決いたします。

それでは8ビートとはなにか、どうやって練習すればいいのかを解説していきます。

 

8ビートとは

 

8ビートとは4分の4拍子で8分音符を基本単位とした、

言い換えると単純に8分音符で刻むリズムのことを言います。

しかし、8ビートと言っているのは和製英語であって

海外では通用しません。

 

”ビート”は日本語で”拍”という意味です。

 

8ビート=8拍

 

8ビートは8拍叩くって意味ではないですよね?

”8分音符”を叩く、またはフィーリングを出す

という意味で使っているはずです。

 

ちなみに海外では

”8th note Groove(8th note beats)”

”8th note rhythm(8th note feel)

と言われています。こっちのほうがしっくりきますよね?

 

 

 

8分音符を叩く、フィーリングを出す意味で使っている

という意味を忘れないようにしましょう。

 

と言われています。

基本的なリズムとしては、

2拍目と4拍目にアクセント(スネア)を入れて叩きます。(バックビート)

上から順に×がハイハット、その下がスネアその下がバスドラムです。

聴き慣れたリズムのはずです。

日本では8ビートの様に頭が強いリズムが得意なのでこの様なリズムをよく使っている曲が多いです。

 

8ビートの練習の仕方

 

いきなり全身で叩くのは変な癖や出来ない苛立ちから諦めてしまう事があるので、

バラバラに分解して、しっかりと着実に練習していきましょう。

 

まずは右手

右手は常に

ダウンストローク→アップストローク

の順で叩けるようにしましょう。

譜面で表すとこのようになります。

 

もちろんすべてフルストロークで叩くときもあるのですが、

フルストロークで叩くと8の感じ方ではなく

16の感じ方になってしうので注意。

 

次に左手

左手は基本2拍目4拍目にアクセントをいれます。

ここではスネアでアクセントを入れましょう。

このような感じです。

両手はまずこのフレーズを基本形として叩いていきましょう。

ゴーストノートもありますがそれはまた別記事で紹介いたします。

 

そして足

最後にバスドラムです。

どのビートでも練習方は一緒です。

バスドラムは1個、2個、3個と増やして叩いてみましょう。

と言われてもどうやるんだ?ってなりますよねw

大丈夫です、この譜面をみれば理解できるはずです。

 

まずは1個

2個

3個

4個

という感じで増やしていきます。

しかしこれだけでは表の拍しか入れていないので

慣れたら裏の拍も入れていきましょう。

1~4の譜面です。’(アクセントは省略しています。)

 

このようにまず表と裏を両方同じように踏めるまで練習しましょう。

 

そして両方踏めるようになったら、

このように表と裏を混ぜて踏みましょう

 

組み合わせは自由ですが上記の通り叩いたほうが効率的でしょう。

 

まとめ

 

8ビートとは8分音符をただ叩けばいいというものではなく、

8分のフィーリングを出すもの。

練習方法は

ハイハットはアップダウン奏法

スネアは2拍目4拍目

バスドラは様々な位置に入れていきます。

特にバスドラは色んな位置に入るので、

譜面を叩くだけではなく両手と足の兼ね合いをしっかり意識してたたけば

上記の譜面を叩けるようになればどの位置に入っても叩けるようになるはずです。

 

 

体験レッスン、レッスンお申込みはこちらから!!

今まで誰も教えてこなかった格闘技の知識を使い、

最短で音量アップ・最速でドラムが上達するドラムメソッド

DI music school にてお待ちしております!!

\ SNSでシェアしよう! /

格闘家ドラマー星矢のドラム講座!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

格闘家ドラマー星矢のドラム講座!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

星矢

この人が書いた記事  記事一覧

  • 耳コピで自分のドラムレベルがわかる? ~これであなたも耳コピマスター!!~

  • 16ビート?なんじゃそりゃ! ~イラスト付きで練習もできる初心者用~

  • ドラムの基礎練習 初心者編② ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~

  • ドラムの基礎練習 初心者編① ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~

関連記事

  • 16ビート?なんじゃそりゃ! ~イラスト付きで練習もできる初心者用~

  • グリップ(握り方)の種類 ~支点を変化させて使い分ける~

  • 耳コピで自分のドラムレベルがわかる? ~これであなたも耳コピマスター!!~

  • ドラムの基礎練習 初心者編② ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~

  • ドラムの基礎練習 初心者編① ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~

  • ドラムセッティングの仕方 ~写真付きで分かりやすい解説・超初心者用~