1. TOP
  2. 音楽
  3. 16ビート?なんじゃそりゃ! ~イラスト付きで練習もできる初心者用~

16ビート?なんじゃそりゃ! ~イラスト付きで練習もできる初心者用~

音楽
この記事は約 6 分で読めます。 560 Views

どうも、武術家ドラマーの星矢です。

今回は16ビートと呼ばれているものについてお話します。

 

16ビートとは?

 

16ビートとは4分の4拍子で16分音符を基本単位とした、

言い換えると単純に16分音符で刻むリズムのことを言います。

こちらも8ビートと同様2・4拍目にバックビートを入れます。

 

しかし、ただ16分音符を叩けば良いというものではございません!

8ビートの記事を読んだ方はもうお分かりだと思いますが、

海外では

 

‘‘16 th note Groove(16th note beats)”

‘‘16 th note rhythm(16th note feel)”

 

と言われています。

なぜ16ビートって言われるようになったのでしょうか、

ビートっていうから勘違いしてしまう方がでてきてしまうのではないでは・・

まぁそれについては16フィールのところでお話します。

 

まずは譜面を見ていきましょう。

 

 

この形です。

8ビートよりちょっと難しいですが、こちらも分解して考えれば簡単です。

ゆっくりなテンポから徐々に確実にやっていきましょう

まずはハイハットのみ叩いてみましょう。

 

 

それが出来たら今度はバスドラムを入れていきます。

 

 

最後に2拍目4拍目の右手の位置をスネアに変えましょう。

 

 

はい、これが出来たらもう1パターンの16ビートが叩けるようになりました!

 

ちょっと難易度を上げていきます。

今度は8ビートでよくある足のパターンをやっていきます。

 

 

このパターンです。

こちらも出来なかったら同じように分解してやっていきましょう。

両手のどの位置に足が来るのかを確認しながらやるとより早く、確実にリズムが叩けるようになります。

 

このように8ビートの足のパターンをそのまま持ってきて手は16ビートで叩くという練習法がありますので

色んな曲で出てきた8ビートの足のパターンを練習するときに

一緒に16ビートの練習もしておくと上達への近道になります。

 

また、アクセントをつけるとノリが出ます。

1拍目の頭と3拍目の頭につけたり、

16分音符の1個目と4個目につけてみたりなど色々な位置につけれるので

慣れてきたら色んな位置にアクセントをつけて叩いてみましょう。

 

 

スロー16ビート

 

次はミドル(♩=約120)以下のテンポでハイハットの16分音符を片手で演奏し、

左手はスネアで2・4のバックビートをいれる叩き方です。

 

 

このような形になります。

右手は基本的にアップダウン(ダウンアップ)奏法で叩きましょう。

アップダウン奏法については8ビートの記事で書いてあるのでそれを参考にしてください。

 

 

 

ハイハットは8分音符だがこれも・・・?

 

16ビートの中には16フィールで叩くリズムもあります。

例えばこのようなリズム

 

 

一見8びーとの様に見えますが

これはれっきとした16ビート(フィール)なのです。

 

冒頭でお話していた16フィールとはこの事です。

 

2拍目の最後に16分音符を入れるとノリが全然違うものとなり

一気に8のノリではなくなってしまいます。

 

 

こういうリズムよくありますよね?

これも16フィールになります。

これが8フィールだと

 

こうなります。

みんな知らず知らずのうちに16フィールを叩いていたかもしれません。

 

こうやって8フィールと16フィールをしっかり考えながら分けて叩くと

今まで明確ではなかったリズムがより明確になってあらわれてきます。

 

後は、引きを意識することによって一見8ビートにみえる

 

 

この譜面も16フィールにすることが可能です。

 

通常叩く事しか考えてはいないでしょうが、

腕を引くタイミングを16分の裏でとることによって

 

聞こえ方が16分のノリに変化します。

これは音の長さを利用することによって生まれるノリです。

16分音符という実音入っていなくても

休符という音符で16分のノリを出すことが可能なのです。

 

 

まとめ

 

16ビートを練習するときは、

 

1、オルタネート(交互)でハイハットを叩く

2、キック(バスドラム)を入れる

3、2・4拍目の頭をスネアにずらす

 

といった順で叩いていきましょう。

更にレベルアップする場合は、8ビートでやった足のパターンを

16ビートにぶち込み色んなフレーズで練習していく。

 

16ビートはただ16分音符で刻めばいいというものではないという事を覚えておいてください。

16分のノリが出ていればそれは16ビートです。

 

最後の方はちょっと初心者向けではなかったかもしれませんが

初心者のうちからこういう事を考えながらやると、考えてない方よりは1歩も2歩も上達が早くなります。

 

 

 

体験レッスン、レッスンお申込みはこちらから!!

今まで誰も教えてこなかった格闘技の知識を使い、

最短で音量アップ・最速でドラムが上達するドラムメソッド

DI music school にてお待ちしております!!

 

\ SNSでシェアしよう! /

格闘家ドラマー星矢のドラム講座!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

格闘家ドラマー星矢のドラム講座!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

星矢

この人が書いた記事  記事一覧

  • 耳コピで自分のドラムレベルがわかる? ~これであなたも耳コピマスター!!~

  • 16ビート?なんじゃそりゃ! ~イラスト付きで練習もできる初心者用~

  • ドラムの基礎練習 初心者編② ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~

  • ドラムの基礎練習 初心者編① ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~

関連記事

  • ドラムを始めるには ~写真つきで分かりやすい解説・超初心者用~

  • ドラム用語集 ~超初心者でもわかる解説付き~

  • グリップ(握り方)の種類 ~支点を変化させて使い分ける~

  • 耳コピで自分のドラムレベルがわかる? ~これであなたも耳コピマスター!!~

  • ドラムの基礎練習 初心者編① ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~

  • ドラムの基礎練習 初心者編② ~これだけやればやればすぐに上達する譜面付き~